治療1(検査や治療法の選択)


21.03.13 【Yクリニック】 治療費:2,530円(三割負担、以下同様)
●PSA検査  
 PSA検査(血液検査)は前立腺がんを最初に判断するスクリーニング手段として広く利用されて
 いる。
 PSA値が高ければ高いほど前立腺がんの確率も高くなっていく。
 約4.0 ng/mL程度から疑いが強くなる。

21.03.23 【Yクリニック】 治療費:1,790円
 PSA検査結果は11.3、癌の疑いが濃厚で、専門の治療が受けられる東海大学病院への紹介状
 をもらった。

21.04.01 【東海大学病院】 治療費:7,130円
 さらに、この病院でもPSA検査を行い、10.3の数値であった。

21.04.08 【東海大学病院】 治療費:9,600円
●針生検
 針生検とは、大腸にプローブを挿入して前立腺を観察しながら、組織の一部をとって顕微鏡など
 で調べる検査である。
 麻酔なしで行われ、組織を採取する針を発射するときの衝撃や痛みなどあったが、短時間に終
 わった。この検査は日帰りで行われた。
 化膿止めに抗生薬をもらったが、血尿が少々出た程度で発熱などは無かった。

21.04.22 【東海大学病院】 治療費:13,570円
●生検結果の聞き取り
 8本中4本に癌が検出された。その後、MRI、CT検査を受けた。
 先生から、癌とさらりといわれたので、比較的冷静に受け止められた。

21.05.11 【八王子医療センタ】 治療費:19,000円
●骨シンチグラム検査
 これは、癌が骨に転移していないかの検査である。
 ラジオアイソトープを午前中に注射して、3時間後にガンマカメラで全身を撮影した。

21.05.20 【東海大学病院】 治療費:1,450円
●検査結果の総合判定 
 @骨に転移なし
 Aグリーソンスコア:6
 Bステージ:T1c
 これをもとに治療法を次回迄に決めるよう、先生から指示された。

●内分泌薬(プロスタール25mg錠)、一週間分もらう。

 いきなり治療法の選択といっても、当初はどうしたらよいか分からなかった。
 インターネットを検索して、幾つかの病院・がんセンター・闘病記が大変参考になった。

■ 21.05.27 【東海大学病院】  治療費:4,770円
 「治療法は小線源(密封小線源療法)HIFU(高密度焦点式超音波療法)にしたいと思ってい
 るが、さらに調べ考えたい。」と治療法の決定を延期してもらった。

●内分泌薬(プロスタール25mg錠)、30日分もらう。

 この後、さらにインターネットを通して各種の治療法の特長や問題点を調べたり、色々な方か
 ら情報をもらったりした。
 妻は当初、がん組織を完全に除去できるから手術を選択したらどうかと云っていたが、私は
 他の臓器、神経などに大きな影響があるので反対であった。
 色々と検討した結果、放射線外部照射のトモセラピーを選択した。

 トモセラピーを選んだ理由は
 体の中に何も入れないことや機能的に正常組織にあまり影響を及ぼさないことを重視した。
 ただ、治療期間が8週間かかることや外部照射の放射線治療は多少の副作用が発生する
 であろう事は、私としては許容できる問題点であった。

■  21.05.29 【江戸川病院】
 「そちらの病院で治療を受けたいが」の問い合わせに対して「紹介状・画像データ・生検組織を
 持参してください。」との回答を頂いた。

■ 21.05.30 【東海大学病院】 治療費:210円
 「治療法は江戸川病院のトモセラピーを選択したい。」との意思表示をした。
 それに対して、先生は「放射線治療後のケアまでやってもらえるのか、その点はよく確認してお
 いた方が良い。」とのアドバイスを頂いた。
 「分かりました。江戸川病院あての紹介状・画像データ・生検組織を頂きたい。」

■ 21.06.01 【江戸川病院】
 電話で「紹介状・画像データ・生検組織を6/3(水)に入手できるので、初診をお願いしたい。」
 これに対して、6/5(金)15:00に決めていただいた。

■ 21.06.03 【東海大学病院】 治療費:960円
 紹介状・画像データ・生検組織を頂いた。


■この頁の治療費計:61,010円