治療後(放射線治療後の状況や診療など)

21.10.30 診察と血液検査 治療費:6,940円 浜幸寛先生
 PSA値:3.588 先生からは、あまり意味が無いようなお話しであったが、私の希望で測定をしてもらった。
診察と血液検査とある場合は、PSAなどの測定結果レポートを頂く。)
 現在の副作用をお話しして、次の薬を処方していただいた。
 リンデロン-VGローション 1本
 ハルナールD錠      30日分
 ネリプロクト軟膏     20本

 次回の診察は一月後の21.11.27となった。
■21.11.02
 肛門の痛みはほぼなくなったので、ネリプロクト軟膏は使用しない。
 頻尿の回数は段々と少なくなっているが、尿意が急に起こる。頻便も回数は数回程度だが、便意が急に
 発生するのが困る。また、なぜかガスが大量に出る。
21.11.27 診察と血液検査 治療費:2,120円
 PSA値:2.736 
 現在の体調について、下記のごとくお話して診断していただいた。
  1.夜中の排尿は1〜2回、一日の排尿回数は10回程度
  2.肛門痛は殆どなし、違和感があるときに軟膏を塗る程度
  3.尻の火傷は粉がふいたように白くなってきた

 これに対して、先生は
  1.には、ハルナール錠剤は中断して様子をみたらどうか。
  2.には、その対応でよい。
  3.には、かゆい時につける程度でよい

 下血はどうか、尿の出方など副作用について質問されましたが、今のところ問題がないと答えました。
 先生からは順調に回復しているとのコメントを頂きました。

 次回の診察は二ヶ月後の22.1.29となった。
■11.28 ハルナール錠剤の飲用とリンデロン-VGローションの塗布を中断した。
 尻の火傷部分の一部が指の腹でこすったら剥がれてきた。

■11.29 肛門に少々の痛みがあり、ネリプロクト軟膏を使用した。

■11.30 昨日、今朝と尿の出方が悪くハルナールを再び飲み始めた。
 ハルナールを二日続けて飲み、次に一日休むこの繰り返しを試している。
 ハルナールが足りなくなりそうなので、診療を 12.11 に予約した。

■11.30 市役所から届いた高額医療費支給申請書に振込み口座を記入して提出した。
 これは、ひと月の医療機関への支払いが一定額を超えた場合にその差額が支給される。一定額とは、
 市町村民税の多寡による。(8,000〜44,400円)
 私の場合は9月に放射線治療を続けて受けたので、109,820円が対象になった。
 支給額=109,820-44,400=65,420円

■12.07 11月の終わり頃から排泄回数のデータをとっている。これは体調の回復や薬との相関がある
 かどうかを確認するためである。

■12.10 尻の火傷は大分色が薄くなった。
21.12.11 診察・排尿薬・ハルナールの処方 治療費:2,980円
 ハルナールをやめたら尿の出方が悪くなったことを訴えて処方してもらった。ハルナールの飲み方に
 ついて「二日続けて飲み、次に一日休むこの繰り返しを試している。」ことを話した。
 火傷の状態を見ていただき、対応についてかゆくなったら薬をつけるように、また保湿のためなので、
 ベビーオイルでも良いとのアドバイスを頂いた。
■12.13 ハルナールは当面上記の飲み方でゆき、状態を見ながら少しずつ変えようと思う。

■12.28 10月分の高額医療費支給申請書に記入し、市役所に提出した。
 今回の対象金額は103,270円が対象で支給額=103,270-44,400=58,870円 となった。
22.01.29 診察と血液検査 治療費:7,070円 (治療終了後3ヶ月) 
 PSA値:2.343 
 現状について下記のようにお話しして診断していただいた。
 ハルナールの飲み方について「一日飲み、次に二日続けて休むこの繰り返しを試しているが、少々
 不安なので薬を出して頂きたい。」
 また「夜間の排尿はほぼ1回、排尿回数は一日あたり6〜8回と安定しており、肛門痛はほぼ無い。」
 
 次回診察は三ヵ月後の22.04.23と決まった。
 PSA値の測定とMRI検査、これは前立腺のやけど(放射線の当り具合を見るため)とリンパ節の状態
 を見るために行うとのことです。

 ■江戸川病院の放射線治療が、申し込んでから一ヶ月ほどで受けられることを聞いて驚いた。
 これはトモセラピー装置が2台となったことによるもので、治療を待っている患者にとっては大変喜ば
 しいことである。私の時は三ヶ月待っていたが、その間、本当に治療をしてもらえるのか、病状が進行
 してしまうのでは、など心配したことを思い出した。

 ■上記したように排泄のデータを2ヶ月間とった。それをグラフ化したのが以下である。
 薬とあるのはハルナールで、飲用した場合が縦軸数値で5、飲まない場合が4としている。
 飲用と小便回数との相関関係は無いようだが、前半の期間と後半を比較すると明らかに後半が低く
 ばらつきが少ない。 また、大便の数値もやや安定しているように見える。
 私の場合は、治療中も含めて特に便秘にならないように食事や運動に気を配って過ごしてきた。
 
 放射線治療開始後、発生の可能性がある副作用の中に、直腸出血がある。これは(私の推測もあ
 るが)放射線による直腸組織がダメージを受け、脆くなっている所に力がかかって起こるものだろう。
 これ以外に色々な副作用があるので、治療後(多分1年くらい)もまだ病人との認識を持つべきだろう。
 
■22.04.12 前立腺ガンの摘出手術を受けた人のお話しを2日前に、聞いた。「摘出手術を選択した理由
 は、悪いところをすべて取り除くことが出来ると考えたから。また放射線線治療は再度受けることは出来
 ないとのことなので選択しなかった。」 「東京都内の大学病院で、6ヶ月待ちで昨年の11月に手術を受
 けたが、尿漏れがひどく1年くらいは続くといわれた。」 「膀胱に浸潤があった。手術は7時間もかかっ
 た。」とのことである。どの治療を選択するか、大変に悩ましい問題であるが、私が選択した治療は今の
 ところ良かったと思っている。

 最近の体調は、少々頻尿ぎみくらいでほぼ良好である。
22.04.23 MRI検査・血液検査と診察 治療費:18,060円 (治療終了後6ヶ月) 
 PSA値:1.630
 最初に採血、血液検査を受け、次に放射線治療前に受けたのと同じ造影MRI検査を受けた。
 診察では、現状特に問題ないことを話して、MRI検査の所見の説明を受けた。治療前と本日の画像を
 同時に表示し、前立腺と周辺の形状や変化について、良い状態で再発の兆候は無いとのコメントを頂
 いた。
 次回は三ヶ月後の7.23と決まった。血液検査である。
22.07.23 血液検査と診察 治療費:2,120円 (治療終了後9ヶ月) 
 PSA値:1.600
 最初に採血、血液検査の後に診察を受けた。
 診察では、現状特に問題ないことを話した。
 次回は三ヶ月後の10.29と決まった。血液検査とMRI検査である。

 診察後の帰路で、下血が発生した。この3ヶ月大した副作用がなく過ごしてきたのでショック。経過を見守
 り、再度発生したら診察を受けるつもりでいる。下血は痛みなどなく、普段の生活には支障はない。
■08.16 二回目の下血が発生した。下血は知らぬうちに出て、パンツやズボンまで汚してしまうので始末が
 悪い。おむつなどを着けることを考えている。
■08.31 またまた下血、昼前、直腸あたりがやや重い感じがありトイレに行ったら少々出た。
 午後にも大便と共に出た。翌日、江戸川病院に診察(9/3午後)の予約をした。

 女性用の紙ナプキンを使ってみているが(当たり前だが)なんとも使いにくい代物・・・・・・・
22.09.03 診察 治療費:1,590円 
 07.23の診察後、08.16と08.31の午前・午後、合計4回の下血が発生した。
 放射線治療の影響なのか、いつも軟便である。との状況説明をした。
 先生から「100人の内の5人に当たっちゃいましたね。下血の原因は、直腸は放射線のダメージを修復す
 るために毛細血管を作っている。腸壁表面に出来ると出血につながりやすい。」との説明があった。
薬処方と注意事項
 ネリプロクト軟膏   朝晩、1回づつ注入する。
 アドナ錠10mg    毎食後2錠づつ飲む
 トランサミン250mg 毎食後1カプセル飲む
 
食事は肉と油は避ける。

 次回の診察日 9月17日 
22.09.17 診察 治療費:2,300円 
 09.03(先回の診察日)以降下血は発生していない。その前には散発的に4回発生した。と話したら「放射
 線の影響ではないかもしれない。」(放射線の影響は継続的に発生するもの?)
 大便の状態は?との質問に「軟便で、1日に3回くらい出る。いきばって全部出そうとしないので、排便回
 数が増えることになるのでは・・・」

 今後、下血が発生した場合に備えて2週間分の薬を処方してもらった。
 ネリプロクト軟膏   40本
 アドナ錠10mg     84錠
 トランサミン250mg  42cap
■09.19 夕方頃、下血が発生した。かなり多い。通常、排便は朝方あり軟便だが、今度はやや硬い。これ
 が腸壁を刺激したのかもしれない。早速、処方してもらった薬を飲み始めた。20,21日は出血しない。
■09.24 朝の排便時、便に付着した状態で少々の下血があった。
■10.03 午後3時ごろ、やや多めの下血があった。薬も終わってしまったので、診察の予約をした。
22.10.07 診察 治療費:1,590円
 「9/17(診察日)以降3回下血があり、そのタイミングは下図の通りで、薬を飲んでいるにもかかわらず
 薬が効いていないのでは?」と話した。
     
 先生より「大便は硬いか。」→「いいえ、柔らかいです。」→「それでは放射線の影響ではないかもしれ
 ない。消化器科で診察してもらいましょう。」
 ネリプロクト軟膏   14本 が処方された。

 消化器科の受診日 10月13日
22.10.13 診察(消化器科) 治療費:3,850円
 上図を示して下血状況をお話ししたところ、放射線による下血と違うようだ。大腸全体を見る必要が
 ある。として、来週20日に大腸内視鏡検査をすることになった。
 下剤薬としてシンラックを処方された。

 次回通院日(大腸内視鏡検査) 10月20日

■10.15 夜、少々の下血があった。
■10.18 午後に3回下血があった。
22.10.20 検査(内視鏡センター) 治療費:5,880円
 前日19:00に、下剤(シンラック)を飲む。
 当日、まずい下剤2?(ニフレック配合内用剤)を、何回もトイレに駆け込みながら飲みほした。次に
 点滴(フィジオ140 250ml)をした後、大腸内視鏡検査を受けた。
 モニターを見せてもらいながら、次のように説明を受けた。
 「大腸には小さなポリープがあるがとる必要はありません。炎症が肛門の上(直腸)にあり放射線
 の影響でしょう。」とのこと。下血時に使うように、ネリプロクト軟膏 14本 を処方された。

 次回通院日(消化器科) 10月27日
22.10.27 診察(消化器科) 治療費:360円
 先生より「(下血は)ごく軽い。貧血も無い。」として、画像付の[下部消化管内視鏡検査報告書]と
 [血液検査書]を頂いた。
 この報告書にはポリープの画像と部位が記載されている。
 ネリプロクト軟膏を2本/日続けて使うように指示された。
22.10.29 血液検査とMRI及び診察(放射線科) 治療費:16,640円 (治療終了後12ヶ月) 
 PSA値:1.555
 最初に血液検査の後にMRI検査を受けた。それが終わってから診察になった。
 先生から「MRIの検査から再発の兆候は無い。ネリプロクト軟膏を1ヶ月ほど、2本/日続けて使う
 ように、その後状況を見るために11.26に来院するように」指示された。

 次回の診察日 11月26日(金) 下血治療の対応
 次々回の診察日 23年01月21日(金) 3ヶ月後の定期診察
■11.06 午後排便時に少々下血があった。夜にも多くの下血あった。この中に、大スプーンくらいの
 ゼリー状に固まった血が、ひと塊りあった。

 10.28から11.21までネリプロクト軟膏を使用した。以降薬が切れて使用していない。
22.11.26 診察(放射線科)以下記載がない場合は放射線科 治療費:2,000円
 下血治療の経過診察で、10.29以降の状況を以下のように説明をした。
 11.06に下血があったが、その後ない。 直腸の調子が良くなったように感じている。

 これに対して先生から「1ヶ月間くらい下血がないと安心出来ない。ネリプロクト軟膏を15日分出し
 ておきます。」とのこと。

 処方されたネリプロクト軟膏を11.27から使い始めた。
■11.29 昼、少々の下血があった。
■12.12 11.27から使用していたネリプロクト軟膏、なくなったので、12.12で終わりにした。
■12.15 午後、排便時に少々の下血があった。
■12.20 午後、やや多い下血があった。

■23.01.14 従来、やや柔らかだった便の状態が正常になってきた。直腸の働きのひとつは水分の
 吸収といわれているので、機能が正常に回復して、下血も良くなるのではと期待している。
23.01.21 診察 治療費:5,910円
 下血は昨年12月20日にあったが、それ以降はない。便はやや硬くなり、少し痔の症状が出てい
 る。その他は特に変わったことは無い。
 これに対して先生から「便を軟らかくする薬を処方しましょう。症状に応じて服用するように。」
 処方された薬は、マグミット錠330mg(28日分)である。
 PSA値:1.479

 次回診察日 4月20日(水)
 ■23.04.20 診察 治療費:5,340円
 現状報告として
 ・下血は昨年の12月20日以降発生していない。
 ・少々頻尿気味で出方が細い。
 ・排便の方は問題なし。  
 これに対して、頻尿気味には薬を出しましょうか。とのことであったが、必要なときには現有の
 薬で何とかなりそうです。と断った。
 PSA値:0.670 と前回より大幅に低下した。

 次回診察日 7月20日(水)
 ■05.17 最近、頻尿で出方が細いので、ハルナールを一日おきに、一錠ずつ飲んでいる。また
  夜中に排尿のため2回起きるようになってきた。(従来は1回位)
 ■23.05.27 今日の産経新聞に、図書「免疫細胞治療U」(幻冬舎)の紹介がありました。
        この中に「米国では昨年の4月に前立腺がんの免疫細胞治療の一つ、樹状細胞ワ
        クチン療法が食品医薬品局(FDA)の承認を受け、一般的な治療法としても確立さ
        れつつある。」と書かれている。
        また、現在は保険適用外であると書かれているが、近い将来前立腺がんの主要な
        治療方法となる可能性を持っている。

        注目すべき治療法である。
 ■23.07.20 診察 治療費 5,340円
 先生から、下血はないか、尿の出方は正常かと言われたが、両方とも問題はありませんと答えた。
 PSAが1.8であるが、変動のうちの数値とのコメントでした。
 しかし、先回の数値から大幅にアップしたので、少々ショックだった。
 PSAは、前立腺肥大でも上昇するとされている。最近、膝と歯が二か月以上悪くて医者通いして
 いることも或いは、と思っている。

 いつも貰ってくる血液検査結果レポートを忘れて、自宅から電話で送っていただくよう依頼をした。

 次回診察日 MRI検査 10.24
          診察   10.26
 ■23.10.24 血液検査とMRI検査 治療費 10,270円

 ■23.10.26 診察 治療費 6,280円 (治療後24ヶ月)
 先生から、下血はないかなど質問があり、尿の出方がやや悪いことを伝えた。
 それから、先日(10/24)の結果について以下のように説明があった。
 1.がん発生の兆候は無い。
 2.前立腺肥大がある。
 3.尿の出を良くする薬(ユリーフ錠4mg)を処方する。
 4.PSA値は1.496である。先回の1.864も含めて誤差の範囲である。

 次回診察日 24.01.25
 
24.01.25 診察 治療費 10,340円 (治療後27ヶ月)
 先生から、下血や排尿について問われたが、すべて問題はありません。
 前立腺肥大の治療薬を続けましょう。とユリーフ錠を処方された。
 PSA値:0.989 と前回数値からやや低下した。

次回診察日 24.04.18(都合により04.25に変更してもらった。)
  
24.04.25 診察 治療費 10,900円 (治療後30ヶ月) 浜幸寛先生
 先生から、下血や排尿について問われたが、すべて問題はありませんと回答した。
 前立腺肥大の治療薬を続けましょう。とユリーフ錠を30日分処方された。
 PSA値:1.269 と前回数値から上がった。

次回診察日 24.10.25
■05.15 少量の下血があった。
■05.22 少量の下血があった。
■09.12 前立腺肥大の治療薬、ユリーフ錠を60日分処方してもらった。
■10.22 少量の下血があった。
24.10.25 診察及びMRI検査 治療費 40,50円 (治療後36ヶ月) 注:川瀬貴嗣先生に変更になった。
 先生から、MRI検査では問題ないとのこと。
 下血が5月に2回と10月に1回、発生したと報告した。
 便を柔らかくするマグミットを処方された。
 PSA値:1.214 と前回数値とほぼ同じであった。

 次回診察日 25.04.25
■11.05 少量の下血があった。
■25.01.11 やや多い下血があった。
■これ以降も度々下血あり
25.04.25 診察 治療費 1,930円 (治療後42ヶ月) 川瀬貴嗣先生
 先生に状況報告
  ・先回の診察以降、下血が度々発生した。
  ・4/18に直腸検査をし、腸壁から血がにじみ出ていた。
  ・やや便秘気味である。
 先生から、下血は放射直腸炎で高圧酸素療法もあるが、時間がかかる。
       下血による貧血は発生していない。(血液検査の結果から)検査項目:Hb

 次回診察日 25.10.24 (MRI検査もある)
■25.05.31 少量の下血があった。
■25.08.02 少量の下血があった。
25.10.24 診察及びMRI検査 治療費 3,840円 (治療後48ヶ月) 川瀬貴嗣先生
 先生には前回の診察以降、5/31、8/2に少々の下血があったと報告した。
 先生から、MRI検査は問題なしである。PSA少し高くなったが様子をみましょう。
 PSA値は1.84とやや高い。

 次回診察日 26.04.24
26.04.24 診察 治療費 1,690円 (治療後54ヶ月) 川瀬貴嗣先生
 先生より尿の出方や下血について、如何ですかとの問いに対して問題ないです。
 PSA値は1.152と先回より下がっていて、放射線治療後4年半でこの状態は良好です。

 次回診察 26.10.23 MRI検査も合わせて行う。
■26.05.07 排便時、少量の下血があった。
■26.05.16 排便時、少量の下血があった。
■26.07.04 排便時、少量の下血があった。
■26.07.13 昼頃、排便時、少々の下血があった。
26.10.23 診察及びMRI検査 治療費 4,040円 (治療後60ヶ月) 川瀬貴嗣先生
 先生には前回の診察以降、5月と7月に各2回少々の下血があったと報告した。
 先生からMRIは問題なしとのこと。PSAほかの測定値表を頂いた。
 ・今後の通院について話し合いをして、1回/年とした。

 次回診察 27.10.22 MRI検査も合わせて行う。

■26.10.23 余談ですが、当日のMRI検査を待っている時に隣の人も同病の方に見えたので話を
        しましたら、仙台の方から来院されたとのこと、この病院も全国に知られているのだと
       感じました。 

■26.11.14 少量の下血があった。
■26.11.29 中量の下血があった。
■26.12.17 少量の下血があった。
■27.02.04 少量の下血があった。
■27.02.15 少量の下血があった。
■27.03.07 少量の下血があった。
■27.05.22 少量の下血があった。
27.10.22 診察及びMRI検査 治療費 4,040円 (治療後72ヶ月) 川瀬貴嗣先生
 先生から副作用について聞かれましたので、上記の下血を話しましたところ、貧血などが検査
 で見つからないので問題ないでしょうとのコメント。
 また、ほかの病気はありませんか、尋ねられましたので、痛風がありますと答えたところ、この
 病気を甘く見ないでほしい。腎臓に来ますよ。それに対して、毎日薬を飲み、一年に2回ほど
 尿酸値をチェックしています。それなら問題ないです。
 私の方から次の質問をしました。
 PSA数値が私のように、1〜2くらいで横ばいのケースとコンマ以下で安定しているケースと
 では何らかの違いがあるのでしょうか。
 これに対しては、そんな二つのケースがあるようですが、違いは判りません。

 次回診察 28.10.20 MRI検査も行う。 
 
 治療後7年なので、MRI検査は不要なのではとの質問には、決まりなのでとのこと
 
28.10.19 MRI、血液検査及び診察 治療費 3,710円 (治療後84ヶ月) 注:軽部雅崇先生に変更になった。
 先生に、先回から本日迄の副作用は、3〜4回少量の下血があったと報告した。
 私から再発について質問をしたが、具体的な回答はなかった。

 次回診察 28.10.25
  これまでのPSA値の推移を以下にグラフ化した。X軸起点は放射線治療開始月としたが、その
  時点でのPSA値(10.3)は東海大学病院での測定値(21.04.01)とした。
 
この頁の治療費計:151,180円